過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ITパスポート「平成27年度 秋期」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 84問 正解) 全問正解まであと84問
社員に対する情報セキュリティ教育の実施に関する記述a〜dのうち、適切なものだけを全て挙げたものはどれか。

a)情報セキュリティ違反をした者に対する再教育に当たっては、同じ過ちを繰り返さないための予防処置も含める。
b)新入社員に対する研修プログラムに組み込む。
c)対象は情報システム部門に所属する社員に限定する。
d)定期的な実施に加えて、情報セキュリティに関わる事件や事故が発生した後にも実施する。
 1 . 
a、b、d
 2 . 
a、c、d
 3 . 
a、d
 4 . 
b、c
( 平成27年度 秋期 ITパスポート試験 テクノロジ系 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
0
評価しない
選択肢をひとつずつ見ていきましょう。

a.情報セキュリティ違反をした者を再教育することは、再犯防止につながります。よって、正解です。

b.新入社員の研修に組み込むことで、新人のうちから情報セキュリティを学べます。よって、正解です。

c.対象を限定してしまうとすべての社員が研修を受けられません。よって、誤りです。

d.情報セキュリティの教育は必要に応じて随時行います。よって、正解です。

上記よりa、b、dが正しいため、1が正解です。
評価後のアイコン
2018/06/22 21:04
ID : ezfqyfqxqo
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は1です。

a:セキュリティ違反者の再教育は、情報セキュリティの内容を再確認させて、2度と同じ違反を起こすことのないように具体的な対策を示すことが大事です。
よって、aは正しいです。

b:新入社員には、最初に情報セキュリティ教育を実施し、セキュリティに関する知識を身につけさせなければいけません。
よって、bは正しいです。

c:情報セキュリティ教育の対象者は全社員です。すべての社員が情報資産を取り扱う可能性があるため、教育を受けなければいけません。
よって、cは誤りです。

d:情報セキュリティに関わる事件、事故が発生した場合、その直後に事故の内容と対策を周知し、再発防止に努めなければいけません。
よって、dは正しいです。
評価後のアイコン
2018/03/05 20:12
ID : hmswvyoh
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
このITパスポート 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。