過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ITパスポート「平成28年度 秋期」の過去問をランダムに出題

問題

限られた人にしか閲覧を許可していない紙の名簿を電子化して、名簿ファイルとして管理することにした。次のa〜dのうち、個人情報の漏えい対策として、適切なものだけを全て挙げたものはどれか。

a ) 名簿ファイルに読込みパスワードを設定する。
b )名簿ファイルを暗号化して保存する。
c )名簿ファイルを保存するサーバを二重化構成にする。
d )名簿を電子化した後、紙の名簿をシュレッダーで廃棄する。
   1 .
a、b
   2 .
a、b、c
   3 .
a、b、d
   4 .
c、d
( 平成28年度 秋期 ITパスポート試験 テクノロジ系 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
3
評価しない
a. 適切です。

b. 適切です。

c. バックアップであり、個人情報保護とは関係ありません。

d. 適切です。

したがって、abdの3が正解です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
aからdが情報漏えいの対策かどうか確認していきましょう。

a.読み込みパスワードを設定することで、限られた人以外の人が名簿を不正に参照することを防ぎます。
よって、情報漏えい対策になっています。

b.名簿ファイルを暗号化することで、複合できない限り中のデータは読み取れなくなります。
よって、情報漏えい対策になっています。

c.サーバーを二重化するとデータ紛失への対策にはなりますが、情報漏えいの対策にはなりません。

d.電子化したデータは不要なので破棄することで、紙のデータから情報が読み取られることを防ぎます。
よって、情報漏えい対策になっています。

上記より、正解はa,b,dです。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
1.読込みパスワードを設定することで、限られた人しか閲覧できなくなりますので、個人情報の漏えい対策になります。よって正解です。

2.暗号化して保存することで、複号できる人しか閲覧できなくなりますので、個人情報の漏えい対策になります。よって正解です。

3.サーバを二重化構成にしても、個人情報の漏洩とは関係ありませんので、誤りです。

4.紙の名簿をシュレッダーで廃棄することで、不要なデータを残すこともなく、またゴミ箱から情報を抜き取られる可能性もなくなります。よって正解です。

よって「 a、b、d」が正解となりますので、3が正解です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
このITパスポート 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。