過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ITパスポート「平成30年度 秋期」の過去問をランダムに出題

問題

レコードの関連付けに関する説明のうち、関係データベースとして適切なものはどれか。
   1 .
複数の表のレコードは、各表の先頭行から数えた同じ行位置で関連付けられる。
   2 .
複数の表のレコードは、対応するフィールドの値を介して関連付けられる。
   3 .
レコードとレコードは、親子関係を表すポインタで関連付けられる。
   4 .
レコードとレコードは、ハッシュ関数で関連付けられる。
( 平成30年度 秋期 ITパスポート試験 テクノロジ系 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
3
評価しない
レコードを関連付けるのは、各レコードが持つ外部キーと主キーです。

1.レコードの関連付けに行位置は関係ありませんので、誤りです。キーはどの位置の項目にでも設定できます。

2.レコードの関連付けの説明ですので、正解です。

3.レコードの関連付けにポインタは使用しませんので、誤りです。

4.レコードの関連付けにハッシュ関数は使用しませんので、誤りです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
複数の表のレコードは、対応するフィールドの値を介して関連付けられます。
この対応するフィールドの値のことを、外部キーと呼びます。

例えば、生徒が所属する委員会を表す表と、生徒の個人情報を表す表を関連付けるとします。
このときは両者の表を「生徒ID」といった、生徒を特定するフィールドで関連付けます。
この「生徒ID」のようなフィールドを外部キーと呼びます。

上記より正解は2です。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
レコードの関連付けに関する説明のうち、関係データベースとして適切なものはどれか。

関係データベースの結合に関する設問です。

1 .複数の表のレコードは、各表の先頭行から数えた同じ行位置で関連付けられる。

そもそも、関係データベースには、行位置という概念はありません。

2 .複数の表のレコードは、対応するフィールドの値を介して関連付けられる。

正しいです。

3 .レコードとレコードは、親子関係を表すポインタで関連付けられる。

関係データベースの内部構造は様々ですが、ポインタを使ったレコード間の関連は行いません。

4 .レコードとレコードは、ハッシュ関数で関連付けられる。

パスワードなどを暗号化し格納する場合には、ハッシュ関数を用いることもありますが、レコード間の関連に使われることはありません。


したがって、2が正解です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
このITパスポート 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。