過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ITパスポート「ストラテジ系」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 200問 正解) 全問正解まであと200問
PL法(製造物責任法)によって、製造者に顧客の損害に対する賠償責任が生じる要件はどれか。

[事象A]  損害の原因が、製造物の欠陥によるものと証明された。
[事象B]  損害の原因である製造物の欠陥が、製造者の悪意によるものと証明された。
[事象C]  損害の原因である製造物の欠陥が、製造者の管理不備によるものと証明された。
[事象D]  損害の原因である製造物の欠陥が、製造プロセスの欠陥によるものと証明された。
 1 . 
事象Aが必要であり、他の事象は必要ではない。
 2 . 
事象Aと事象Bが必要であり、他の事象は必要ではない。
 3 . 
事象Aと事象Cが必要であり、他の事象は必要ではない。
 4 . 
事象Aと事象Dが必要であり、他の事象は必要ではない。
( 平成30年度 春期 ITパスポート試験 ストラテジ系 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(3件)

評価する
0
評価しない
PL法(製造物責任法)とは、製品に欠陥や破損があった場合、それによって身体や財産に損害を被った場合に損害賠償を求めることができる法律です。(買った電子レンジが爆発して、大怪我をしたなど)

問題を見ると、事象AからDはすべて、製造物の欠陥が証明されているため、どれか一つの欠陥が提示できれば損害賠償を請求することができます。

よって、1が正解です。
評価後のアイコン
2018/11/20 14:17
ID : fpwznoaj
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
PL法によって損害賠償が発生する条件は、製造者が製造した製品の欠陥によって損害が発生したことを証明できる場合のみです。

製品の欠陥が発生した原因を証明しても損害賠償を請求できません。

よって事象Aのみが適当であるため正解は1です。
評価後のアイコン
2018/11/08 20:55
ID : ezfqyfqxqo
評価する
0
評価しない
PL法によれば製造物に欠陥があったことのみを要件として損害賠償責任を追及できます。
民法の被不法行為法における一般原則では被告の過失を原告が立証する必要がありますが、顧客が製造者の過失を証明するのは困難であることからPL法が制定されました。
評価後のアイコン
2018/10/26 06:12
ID : abgmdrag
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
このITパスポート 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。