過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ITパスポート「ストラテジ系」の過去問をランダムに出題

問題

ある製造業では、後工程から前工程への生産指示や、前工程から後工程への部品を引き渡す際の納品書として、部品の品番などを記録した電子式タグを用いる生産方式を採用している。サプライチェーンや内製におけるジャストインタイム生産方式の一つであるこのような生産方式として、最も適切なものはどれか。
   1 .
かんばん方式
   2 .
クラフト生産方式
   3 .
セル生産方式
   4 .
見込み生産方式
( 令和3年度 ITパスポート試験 ストラテジ系 問35 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
3
評価しない

1が正解です。

かんばん方式とは、カンバン(具体的な作業を書いた指示書)を使って生産する方法です。

トヨタ自動車発祥の方式でジャストインタイム方式と呼ばれることもあります。

在庫の無駄を抑える方法として活用されています。

2) 不正解です。

クラフト生産方式は、熟練技を持つ人材が一部または全部の工程に携わる方法で、セル生産方式の特徴をさらに徹底したものと言えます。

3) 不正解です。セル生産方式は、1人、または少数の人材で工程を行います。

1人で工程に係る割合が多いのが特徴です。

4) 不正解です。

見込み生産方式は、見込み計画をあらかじめ立てて生産を進める生産方式です。

対照的な方法として受注生産があります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない

ジャストインタイム生産方式を実現する方式として実施されるのは、

かんばん方式です。かんばん方式により、後工程で使用する部品在庫の

適正化が実現されるため、生産性が向上します。

1.正解です。

2.不正解です。

  職人が手作業で行う方式です。

3.不正解です。

  少人数のチーム全工程を作業する方式です。

4.不正解です。

  需要予測により生産する方式です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
このITパスポート 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。