過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ITパスポート「マネジメント系」の過去問をランダムに出題

問題

有料のメールサービスを提供している企業において、メールサービスに関する開発・設備投資の費用対効果の効率性を対象にしてシステム監査を実施するとき、システム監査人が所属している組織として、最も適切なものはどれか。
   1 .
社長直轄の品質保証部門
   2 .
メールサービスに必要な機器の調達を行う運用部門
   3 .
メールサービスの機能の選定や費用対効果の評価を行う企画部門
   4 .
メールシステムの開発部門
( 令和3年度 ITパスポート試験 マネジメント系 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない

システム監査人は、公正で客観的な立場から監査する必要があるため、当該業務を行う部署から独立している必要があります。本設問ではメールサービスの運用部門、企画部門、開発部門から独立した部門(異なる部門)である必要があります。

よって、1が正解です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

1が正解です。

システム監査人とは、組織内で用いられる情報システムが基準値を満たしているかを独立した客観的な立場から総合的に点検・評価・検証する人物、職業のことをいいます。

監査人が組織内部、外部のどちらの関係者かにかかわらず監査対処から独立した立場で行われる必要があります。

設問では、メールサービス、メールシステムにかかわる2、3、4は独立した客観的な立場ではないため、システム監査人対象から除外する必要があります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
このITパスポート 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。