過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ITパスポート「テクノロジ系」の過去問をランダムに出題

問題

システムの経済性の評価において、TCOの概念が重要視されるようになった理由として、最も適切なものはどれか。
   1 .
システムの総コストにおいて、運用費に比べて初期費用の割合が増大した。
   2 .
システムの総コストにおいて、初期費用に比べて運用費の割合が増大した。
   3 .
システムの総コストにおいて、初期費用に占めるソフトウェア費用の割合が増大した。
   4 .
システムの総コストにおいて、初期費用に占めるハードウェア費用の割合が増大した。
( 令和3年度 ITパスポート試験 テクノロジ系 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
1
評価しない

TCOは、システムに関わる導入から廃棄までの全てのコストのことです。一般的に、システム導入時の初期費用とシステムを稼働させて使用している際に掛かる運用費用に分類されます。ハードウェアの低価格化やクラウド利用により、初期費用が下がる一方で、運用保守に掛かる費用が従来よりも上がっています。

1.不正解です。

  サーバを購入して構築するシステム形態が主流だった頃は、

  初期費用の割合が運用費用より大きいため、TCOはあまり

  考慮されませんでした。

2.正解です。

3.不正解です。

  ソフトウェア費用の増大は、運用費用の増大につながりません。

4.不正解です。

  ハードウェア費用の増大は、運用費用の増大につながりません。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

2が正解です。

TOC(Total Cost of Ownership)とは、システムを構築して破棄するまでの総費用のことをいいます。

システムのコストは大きく分けて初期コストと運用コストの2つに分類されます。

今までは開発、導入にかかる初期コストが大きく、重視されていましたが、導入後の保守・管理や利用者教育といった運用コストも大きくなってきており、システムの経済性の評価が初期コストだけでなく、TOCで判断されるようになっています。

1) 不正解です。

今までは初期コスト割合が大きく重視されていましたが、運用費の割合が増してきています。

3) 不正解です。TOCは初期コストと運用コストの2つに分類されます。

ソフトウェア費用の割合はTOCが重要視される理由には該当しません。

4) 不正解です。TOCは初期コストと運用コストの2つに分類されます。

ハードウェア費用の割合はTOCが重要視される理由には該当しません。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
このITパスポート 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。