過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問「第35773問」を出題

問題

[ 設定等 ]
山留め壁に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
親杭横矢板壁は、鋼矢板壁と比較して、やや固い地盤や砂礫地盤での施工に適している。
   2 .
鋼矢板壁は、鋼管矢板壁と比較して、根切り底が深い掘削となる施工に適している。
   3 .
場所打ち鉄筋コンクリート地中壁は、軟弱地盤や根切り底が深い掘削となる施工に適している。
   4 .
ソイルセメント壁は、地下水位の高い砂礫地盤や軟弱地盤での施工に適している。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 7 問67 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
22
評価しない
1.〇 親杭横矢板壁は、土中にH鋼等の親杭を打ち込み、掘削しながら杭と杭の間を渡すように順に横矢板を入れていく工法です。
水分の多い土質の場合、横矢板の間から水が流れ落ち、掘削がままならなくなります。
鋼矢板壁はシートパイル工法とも呼ばれ、シート状になった鉄板を打ち込み、掘削していく工法です。
この工法は、止水性は高いものの、周囲の水位が高い場合には周囲の水位を下げる工法も合わせて検討が必要です。

2.× 鋼管矢板壁は、鋼矢板壁の強度を上げる為、鋼管に継手を溶接して繋いだものです。

3.〇 場所打ち鉄筋コンクリート地中壁は、現場で鉄筋コンクリートの壁を打設するイメージの工法です。
大まかな工程は壁を作りたい場所を掘削し、鉄筋の籠を挿入し、コンクリートを打設します。
軟弱地盤であったり、根切底が深くても施工可能な工法といえるでしょう。

4.〇 ソイルセメント壁は、セメントスラリーと現場の土を撹拌してコンクリート壁を作る工法です。
地下水位の高い砂礫地盤や軟弱地盤であっても採用しやすい工法です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。