過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 7 問66を出題

問題

[ 設定等 ]
標準貫入試験に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
本打ち200mmに要する打撃回数をN値とした。
   2 .
本打ちの打撃回数は、特に必要がなかったので、50回を限度として打撃を打ち切った。
   3 .
ハンマーは、質量が63.5kgの鋼製のものを用いた。
   4 .
本打ちは、ハンマーを760mmの高さから自由落下させた。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 7 問66 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
26
評価しない
1.✕ 本打ち300mm打ち込むのに要した打撃回数をN値とする。

2.◯ 予備打ち及び本打ちにおいて50回の打撃に対して、累計貫入量が10mm未満の場合は、貫入不能として打撃を打ち切る。

3.◯ ハンマーは質量が63.5kgの鋼製のものを用いる。

4.◯ ハンマーの自由落下の高さは760mmとする。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
17
評価しない
土質調査における標準貫入試験についての出題です。

1.✕ 本打ち300mmに要する打撃回数をN値とします。

2.〇 本打ちの打撃回数は、50回の打撃で累計貫入量が10mmに満たない場合、これ以上貫入しないものとして打撃は打ち切ります。

3.〇 ハンマーは、質量が63.5kgの鋼製のものを用います。

4.〇 本打ちは、ハンマーを760mmの高さから自由落下させます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。