過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問「第35782問」を出題

問題

[ 設定等 ]
鉄骨の加工に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
高力ボルト接合に使用するスプライスプレートは、ガス切断で加工した。
   2 .
曲げ加工される部分の外面のけがきは、ポンチ、たがねを用いて行った。
   3 .
板厚が13mmの鋼材のアンカーボルト孔及び鉄筋貫通孔は、せん断孔あけで加工した。
   4 .
普通ボルトの孔径は、ボルトの公称軸径に0.5mmを加えた値とした。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 7 問76 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
22
評価しない
正解は【2】です。

1.高力ボルト接合に使用するスプライスプレートは、ガス切断で加工してもよいです。

2.曲げ加工される軟鋼や高張力鋼などの外面のけがきは、ポンチ・たがねなどによる打痕を残してはいけません。

3.ボルトやアンカーボルト、鉄筋貫通孔への孔あけを行う場合には、ドリルあけを原則としますが、板厚が13㎜以下の場合には、せん断孔あけとすることができます。

4.公称軸径に対する孔径は次の通りです。
普通ボルトの孔径・・・公称軸径+0.5㎜
アンカーボルトの孔径・・・公称軸径+5.0㎜
高力ボルトの孔径(公称軸径が27㎜未満)・・・公称軸径+2.0㎜
高力ボルトの孔径(公称軸径が27㎜以上)・・・公称軸径+3.0㎜
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
21
評価しない
1.◯ ガス切断は最もよく使用されている。切断面の精度もよく、経済的であるが切断速度は遅い。

2.✕ ポンチやたがね等による打痕は、応力集中を招くことから鋼材の耐力を著しく低下させる。

3.◯ 板厚が13mm以下の場合に限り、せん断加工機を使用することができる。

4.◯ 普通ボルトの孔径は、ボルトの公称軸径±0.5mmとする。ただし胴縁類の取付け用のボルトの場合は±1.0mmとする。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。