過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 7 問75を出題

問題

[ 設定等 ]
コンクリートの養生に関する記述として、最も不適当なものはどれか。ただし、計画供用期間を指定する場合の級は標準とする。
   1 .
暑中コンクリート工事におけるコンクリートの湿潤養生期間は、通常の気温で打ち込む場合と同じでよい。
   2 .
コンクリート面が露出している部分の湿潤養生には、膜養生剤や浸透性の養生剤を塗布する方法がある。
   3 .
寒中コンクリート工事における加熱養生中は、コンクリートの湿潤養生を行う必要はない。
   4 .
打込み後のコンクリートが透水性の小さいせき板で保護されている場合は、湿潤養生と考えてよい。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 7 問75 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
23
評価しない
1.◯ 暑中コンクリートの湿潤養生期間は、通常の気温での養生期間と同じである。

2.◯ コンクリート面が露出している部分の湿潤養生は、膜養生剤や浸透性の養生剤を塗布して湿潤状態を保たないといけない。

3.✕ 寒中コンクリート工事の加熱養生中は、コンクリートの急激な乾燥によりひび割れる場合などがある。湿潤状態を保持しなければならない。

4.◯ 透水性の小さいせき板で保護されている場合は、水が抜けないので湿潤状態にある。湿潤養生と考えることができる。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
22
評価しない
正解は【3】です。

1.暑中コンクリート工事におけるコンクリートの湿潤養生は、通常の気温で打ち込む場合の湿潤養生と同じ養生期間とします。

2.コンクリート面が露出している部分の湿潤養生には、膜養生剤や浸透性を有する養生剤を塗布する方法とがあります。

3.寒中コンクリート工事における加熱養生中は、散水を行うなど、コンクリートが乾燥しないよう湿潤養生を行う必要があります。

4.打込み後のコンクリートが透水性の小さいせき板で保護されている場合は、湿潤養生と考えてよいです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。