過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問「第35794問」を出題

問題

[ 設定等 ]
アルミニウム製建具に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
外部建具枠回りに充填するモルタルには、NaCl換算0.06% (質量比)まで除塩した海砂を使用した。
   2 .
外部建具枠回りにモルタルを充填する際、仮止め用のくさびを取り除いた。
   3 .
枠に付着した油類の汚れは、エチルアルコールを5〜10%加えた温湯を用いて清掃した。
   4 .
表面処理が陽極酸化被膜のアルミニウム製部材がモルタルに接する箇所には、ウレタン樹脂系の塗料を塗布した。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 8 問88 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
30
評価しない
正解は【1】です。

1.外部建具枠回りにおいて、充填するモルタルに海砂を使用する場合、NaCl換算0.04% (質量比)まで除塩して使用します。

2.外部建具枠回りにモルタルを充填する際、仮止め用のくさびを取り除きます。

3.枠に付着した油類の汚れは、エチルアルコールを5〜10%加えた温湯を用いて清掃します。

4.表面処理が陽極酸化被膜のアルミニウム製部材がモルタルに接する箇所には、ウレタン樹脂系の塗料を塗布します。
アルミ部材の表面処理方法には、陽極酸化被膜の他、複合皮膜があり、耐久性の面では複合皮膜の方が高いです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。