過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 1 問14を出題

問題

[ 設定等 ]
内装材料に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
エポキシ樹脂系塗り床材は、耐薬品性に劣っている。
   2 .
せっこうボードは、防火性に優れている。
   3 .
ビニル床シートには、帯電防止性を有するものがある。
   4 .
けい酸カルシウム板は、軽量で不燃性に優れている。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 1 問14 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
60
評価しない
正解は1です。

1.エポキシ樹脂系塗り床材は、耐薬品性に優れており、食品工場などで使用されます。

2.せっこうボードは防火性に優れており、様々な建物の内装材で使用されています。

4.けい酸カルシウム板は、軽量で不燃性に優れており、様々な建物で使用されています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない

正解は1です。

エポキシ樹脂系塗床材は工場や厨房、病院などに使われており、

耐薬品性、耐久性、耐水性に優れています。

1.正しくは、「エポキシ樹脂系塗り床材は、耐薬品性に勝っている

  となります。

2.設問の通りです。

  せっこうボードは厚みによって、不燃材料、準不燃材料にもなります。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

3.設問の通りです。

  ビニルは電気を通さないので帯電防止性を有するものがあります。

4.設問の通りです。

  軒裏、調理室の内装材にも使います。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。