過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 1 問13を出題

問題

[ 設定等 ]
防水材料に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
アスファルトプライマーは、下地と防水層の接着性を向上させるために用いられる。
   2 .
砂付あなあきアスファルトルーフィングは、下地と防水層を絶縁するために用いられる。
   3 .
防水剤を混入したモルタルは、下地に塗布して塗膜防水層を形成するために用いられる。
   4 .
合成高分子系ルーフィングシートは、下地に張り付けてシート防水層を形成するために用いられる。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 1 問13 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
76
評価しない
1.プライマーは下地と防水材料との密着性を高めるためのものです。

2.例文の通りです。

3.防水モルタルだけでは塗膜防水層を形成する事はできません。防水モルタルによる下地処理後、防水処理を行う事が必要です。

4.例文の通りです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない

正解は3です。

塗膜防水槽とは塗料を塗り重ねて防水性を高める防水の施工方法の一つで、

モルタルは塗料ではないです。

1.設問の通りです。

  コンクリートなどの下地とアスファルト防水層の接着性を

  良くする為に使います。

2.設問の通りです。

  防水層の破裂や膨れも防止します。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

3.防水モルタルも防水層として使います。

4.屋根材(瓦など)の隙間から侵入してくる雨水を屋根材に

  染み込ませないようにするシートです。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。