過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 2 問15を出題

問題

[ 設定等 ]
屋外排水設備に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
地中埋設排水管の勾配は、原則として1/100以上とする。
   2 .
地中埋設排水管の長さが、その内径又は内法幅の120倍を超えない範囲内で、桝又はマンホールを設ける。
   3 .
排水管を給水管に平行して埋設する場合の両配管のあきは、原則として、500mm以上とする。
   4 .
雨水用排水桝及びマンホールの底部には、深さ50mm以上の泥だめを設ける。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 2 問15 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
82
評価しない
正解は4

1.排水物が配管内で滞留しないように1/100以上の勾配が求められます。

3.公共建築工事標準仕様書にも両配管のあきは500㎜以上と定められています。

4.雨水排水桝には雨水を下部から地面に浸透させるタイプの物もあり、必ずしも泥だめが必要ではありません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
13
評価しない

正解は4です。

設置場にもよりますが、50mm程度の深さではすぐに詰まってしまいます。

150mm以上とします。

1.設問の通りです。

  緩い勾配になると水が流れにくく、詰まってしまいます。  

2.設問の通りです。

  配管が長くなると何か詰まった時に掃除器具が届かず、掃除が出来ません。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    

3.設問の通りです。

  この数字は決まっているので覚えて下さい。

  ちなみに給水管が上で排水管を下に通します、

  配管から水が漏れても汚染されない様にする為です。

  

4.正しくは「雨水用排水桝及びマンホールの底部には、

  深さ150mm以上の泥だめを設ける。」となります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。