過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 2 問17を出題

問題

[ 設定等 ]
空気調和設備に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
二重ダクト方式は、別々の部屋で同時に冷房と暖房を行うことができる。
   2 .
ファンコイルユニット方式は、各ユニットごとの温度調節はできない。
   3 .
定風量単一ダクト方式は、部分的な負荷変動が少ない劇場、オーディトリウムに適している。
   4 .
パッケージ方式は、機械室、配管、ダクト等のスペースが少なくてすむ。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 2 問17 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
53
評価しない
正解は2

2.ファンコイルユニットは中央制御で温度管理を行います。部屋ごとにオンオフや温度の調節が可能ですが、一部屋だけに暖房や冷房をつけることはできません。

3.定風量単一ダクト方式は風量が一定なので、部分的な負荷変動の少ない劇場等に適しています。

4.パッケージ方式は冷凍機や送風機等が一体となっているために、ダクト等は少なくてすみます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない

正解は2です。

ファンコイルユニット方式は個別制御が可能です。

1.設問の通りです。

  ダクトを下階から上階へと通すので、ダクトスペースが広くなります。

2.正しくは「ファンコイルユニット方式は、各ユニットごとの温度調節は

  出来る。」となります。

3.設問の通りです。

  個別制御が出来ないので、中小規模の建物や劇場などに利用されます。

4.設問の通りです。

  室内機と室外機がパックになったエアコンの事で、

  個別制御が可能です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。