過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 3 問22を出題

問題

[ 設定等 ]
労働契約に関する記述として、「労働基準法」上、誤っているものはどれか。
   1 .
使用者は、労働者が業務上の傷病の療養のために休業する期間及びその後30日間は、原則として解雇してはならない。
   2 .
使用者は、労働契約の不履行について損害賠償額を予定する契約をすることができる。
   3 .
使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。
   4 .
労働者は、使用者より明示された労働条件が事実と相違する場合においては、即時に労働契約を解除することができる。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 3 問22 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
47
評価しない
正解は2

2.労働契約不履行に対する違約金・賠償金を予定する事は労働基準法違反となります。

3.労働条件を教えなかったり、就業規則の内容を教えないことは違法です。

4.採用時に約束した内容が実際と違う場合は、即時に労働契約を解除する事が可能です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない

正解は2です。

労働基準法 第十六条に記載があります。

損害賠償額を予定する契約をしてはなりません。

1.労働基準法 第十九条に記載があります。

2.正しくは「使用者は、労働契約の不履行について損害賠償額を

  予定する契約をしてはならない。」となります。

  

3.労働基準法 第十五条に記載があります。

4.労働基準法 第十五条に記載があります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。