過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 3 問23を出題

問題

[ 設定等 ]
建設業において、「労働安全衛生法」上、事業者が安全衛生教育を行わなくてもよいものはどれか。
   1 .
新たに建設現場の事務職として雇い入れた労働者
   2 .
作業内容を変更した労働者
   3 .
新たに職務につくこととなった職長
   4 .
新たに選任した作業主任者
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 3 問23 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
45
評価しない
正解は4

1.事務職であっても労働者なので、安全衛生教育を行わなければなりません。

2.作業内容を変更した労働者も、安全衛生教育をおこなわなければいけない事になっています。

3.職長は安全衛生教育を行う決まりとなっています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない

正解は4です。

作業主任者を配置し、作業の指揮、監督をする事により、

労働災害防止を図ります。

1.労働者には必要です。

2.労働者には必要です。

  

3.職長(リーダー)も労働者なので必要です。

4.必要無しです。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。