過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 3 問25を出題

問題

[ 設定等 ]
消防用設備等の種類と機械器具又は設備の組合せとして、「消防法」上、誤っているものはどれか。
   1 .
警報設備 ----------------- 漏電火災警報器
   2 .
避難設備 ----------------- 救助袋
   3 .
消火設備 ----------------- 連結散水設備
   4 .
消火活動上必要な施設 ----- 排煙設備
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 3 問25 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
81
評価しない
正解は3

1.漏電火災警報器や自動火災報知設備を警報設備と呼びます。

2.救助袋は窓から降下させて布状の袋の内部を滑り降りる避難器具のひとつです。

3.連結散水設備は消火活動上必要な施設となるので、消火設備は誤りです。

4.排煙設備は消火活動上必要な施設に含まれます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない

正解は3です。

連結散水設備は消火活動上必要な施設になります。

消火活動上必要な施設とは消防隊による消火活動に用いられる施設になります。

1.設問の通りです。

  警報設備 ----------------- 漏電火災警報

2.設問の通りです。

  窓や、バルコニー等から布製の筒の中を滑り降りて、地上へ避難する

  避難設備です。

  

3.消火設備とはスプリンクラー、消火器等を指します。

4.設問の通りです。

  煙を外に逃がし、避難時間を確保する為の設備です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。