過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 4 問26を出題

問題

[ 設定等 ]
事前調査と施工計画の組合せとして、最も関係の少ないものはどれか。
   1 .
近隣の商店や工場の業種の調査 ----------- 解体工事計画
   2 .
前面道路や周辺地盤の高低の現状調査 ----- 根切り工事計画
   3 .
敷地内の地中障害物の有無の調査 --------- 場所打ちコンクリート杭工事計画
   4 .
日影による近隣への影響調査 ------------- 鉄骨建方計画
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 4 問26 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
51
評価しない
正解は4

1.解体工事にあたり、周辺の環境調査は必要です。

3.杭工事の際は地中障害物の有無を確認する事が必要です。

4.日影による近隣への影響調査は建築物の計画段階での事なので、鉄骨建方計画との関係は少ないです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない

正解は4です。

日影による近隣への影響調査は計画段階で確認しておくべき内容です。

鉄骨建方計画時では遅いです。

1.設問の通りです。

  調査を行い、解体時間や道路使用状況等の確認をします。

2.設問の通りです。

  根切り工事は地面を掘るため、周辺地盤が緩いと事故の発生が

  予想されます。

  

3.設問の通りです。

  地中に障害物があると杭が打てません。

4.日影による近隣への影響調査 ------------- 建物計画

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。