過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 4 問31を出題

問題

[ 設定等 ]
品質管理に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
重点管理項目や管理目標は、現場管理方針として文書化し、現場全体に周知する。
   2 .
品質管理を組織的に行うために、品質管理活動に必要な業務分担、責任及び権限を明確にする。
   3 .
試験・検査の結果が管理値を外れた場合には、適切な処置を施し、再発防止の措置をとる。
   4 .
品質を確保するためには、作業そのものに重点を置くよりも、試験・検査に重点を置く方がよい。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 4 問31 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
31
評価しない
正解は4

1.重点管理項目や管理目標を現場全体で周知していく事が、望ましい方法と言えます。

2.品質管理活動や品質維持について適切な方法と思われます。

4.品質確保には試験や検査より、作業及び作業に至るまでの計画が重要です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない

正解は4です。

作業に重点を置かなければ品質は良くなりませんし、

検査が増えるだけで効率が悪いです。

1.設問の通りです。

  現場全体で品質管理に対する意識を持つ事は重要です。

2.設問の通りです。

  組織的に行うために分担し、責任等を明確にすれば再発防止に繋がります。

  

3.設問の通りです。

  品質確保の為、管理値を外れたものについて再発防止措置を取ることは

  重要です。

4.正しくは「品質を確保するためには、試験・検査に重点を置くよりも、

  作業そのものに重点を置く方がよい。」となります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。