過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 4 問30を出題

問題

[ 設定等 ]
バーチャート工程表の説明として、最も適当なものはどれか。
   1 .
作業の流れと各作業の所要日数が把握しやすい工程表である。
   2 .
各作業に対する先行作業、並列作業、後続作業の相互関係が把握しやすい工程表である。
   3 .
工事出来高の累積値を表現しているため、工事進捗度合が把握しやすい工程表である。
   4 .
工程上のキーポイント、重点管理しなければならない作業、クリティカルパスが把握しやすい工程表である。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 4 問30 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
47
評価しない
正解は1

1.バーチャート工程表は作業項目を縦軸、時間を横軸に設けた物。各作業の開始から終了までを棒状で表現します。
各作業の関連性はわかりにくいですが、進捗状況や作業日数はわかりやすいです。

2.作業の相互関係や関連性は、バーチャート工程表からはわかりにくいです。

3.工事出来高の累積値は表現していません。

4.フローチャート工程表の説明です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない

正解は1です。

バーチャート工程表は作業項目と、作業日数を分かりやすく簡易に作れる工程表です。

1.設問の通りです。

  縦軸に作業項目、横軸に作業日数を表します。

2.作業の相互関係が把握しやすいのは、ネットワーク工程表です。

  

3.工事の進捗度合が把握しやすいのは、バーチャート以外の工程表です。

  (ガントチャート、ネットワーク工程表等)

4.クリティカルパスが把握しやすいのは、ネットワーク工程表です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。