過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 4 問33を出題

問題

[ 設定等 ]
鉄骨工事における溶接部の欠陥を表す用語として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
アンダーカット
   2 .
ピット
   3 .
パス
   4 .
ブローホール
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 4 問33 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
53
評価しない
正解は3

1.溶接始端部の母材が溶けすぎて欠損した状態を指します。

2.溶接金属中に発生した気泡が浮かび上がる時につくるくぼみ孔をピットと呼びます。

3.パスとは溶接ビートを重ねた回数を指します。

4.ブローホールは溶接金属内に残留した気泡の孔を指します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない

正解は3です。

パスとは溶接継手に行う溶接操作を指します。

継手溶接はパスを何度も重ねます。

1.アンダーカットとは鉄骨を金型から出す時、離型出来ない溶接の

  凸凹形状の事です。

2.ピットは溶接部分に出来るくぼみを指します。表面欠損です。

  

3.パスは欠損ではなく溶接の種類です。

4.ブローホールは溶接部分に出来る空洞を指します。気孔欠陥です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。