過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 5 問40を出題

問題

[ 設定等 ]
地業工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
砂地業に用いる砂は、締固めが困難にならないように、シルトなどの泥分が多量に混入したものを避ける。
   2 .
砂利地業に用いる再生クラッシャランは、コンクリート塊を破砕したものであり、品質のばらつきが少ない。
   3 .
砂利地業において層厚が厚い場合の締固めは、2層以上に分けて行う。
   4 .
捨てコンクリート地業は、掘削底面の安定化や、基礎スラブ及び基礎梁のコンクリートの流出等を防ぐために行う。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 5 問40 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
39
評価しない
正解は2

2.再生クラッシャーランはコンクリート塊を粉砕したものであり、品質にばらつきがあります。

3.層厚が厚い場合は2層以上に分けて転圧をしなければならない事になっています。

4.掘削底面の安定、基準墨を出しやすくするためなどの理由で捨てコンクリート地行を行います。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない

正解は2です。

コンクリートの塊を破砕機で砕いただけなので、品質にばらつきがあります。

表面上ではなく、下部に使用します。

1.設問の通りです。

  締固めには砂を用います。泥が多いと締固めが困難です。

2.正しくは「砂利地業に用いる再生クラッシャランは、コンクリート塊を

  破砕したものであり、品質のばらつきが多い。 」となります。

  

3.設問の通りです。

  埋め戻しの締固めは30㎝ごとに行います。

4.設問の通りです。

  捨てコンクリートに配筋は必要なく、

  強度はFc18で十分です。※捨てないで嫌(18)だ。で覚えます。 

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。