過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 5 問41

問題

このページは問題閲覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
鉄筋の加工及び組立てに関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
鉄筋の種類と径が同じ帯筋とあばら筋は、折曲げ内法直径の最小値は同じである。
   2 .
大梁の幅止め筋は、組立て用鉄筋であるが、かぶり厚さを確保できるよう加工する。
   3 .
鉄筋の折曲げ加工は、常温で行う。
   4 .
鉄筋相互のあきの最小寸法は、鉄筋の強度によって決まる。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 5 問41 )
このページは問題閲覧ページの為、解答履歴が残りません。
解答履歴を残すには、
条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (2件)

90
正解は4

2.幅止め筋もかぶり厚さの確保が必要です。

3.鉄筋の加工は常温でおこなわなくてはならないです。

4.鉄筋相互のあき寸法は鉄筋の強度によって決まるのではなく、粗骨材の最大寸法や鉄筋径によって決まります。

付箋メモを残すことが出来ます。
29

正解は4です。

鉄筋相互の空き寸法は

・粗骨材の最大寸法の1.25倍

・25mm

・径の1.5倍

の中で一番大きい数値となります。

1.設問の通りです。

  鉄筋の種類と径で折曲げ内法直径が決まっています。

  あばら筋は、主筋は、などの区別はないです。 

2.設問の通りです。

  かぶり厚さを確保しないと、コンクリートが割れ鉄筋が露出します。

  

3.設問の通りです。

  鉄筋の折曲げ加工は、常温で行う事が原則です。 

4.径が異なる場合は平均径とします。

問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。