過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 5 問45を出題

問題

[ 設定等 ]
コンクリートの打込み等に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
スラブの付いたせいの高い梁の打込みは、梁とスラブを連続して行った。
   2 .
柱へのコンクリートの打込みは縦形シュートを挿入して行った。
   3 .
コンクリートの鉛直打継ぎ部は、梁やスラブの場合、スパンの中央付近に設けた。
   4 .
棒形振動機の先端を、先に打ち込んだコンクリートの層に届くように挿入した。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 5 問45 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
35
評価しない
正解は1です。

1.沈下ひび割れを防止するために梁とスラブは連続して打ち込みを行いません。
コンクリートの沈下が終了してから打ち込みを行います。

2.例文の通りです。

3.例文の通りです。

4.コンクリートが一体となるように、振動機の先を、先に打ち込んだコンクリートの層に届かせる事が必要です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない

正解は1です。

コンクリートが硬化時に収縮するので、コンクリートの打ち込み高さはスラブ下で一度止め、梁をスラブ下まで打設することで、ひび割れの防止をします。

1.正しくは「スラブの付いたせいの高い梁の打込みは、梁とスラブを

  分けて行った。」となります。

2.設問の通りです。

  柱など細く長いものには縦型シュートを使用します。

  シュートとはコンクリートを流し込むための筒のようなものです。 

3.設問の通りです。

  一番力がかからない場所を打ち継ぎ部とします。  

4.設問の通りです。

  打ち継ぎ部にひびが入らないように、棒形振動機で打ち込んだ

  コンクリートと新たに打ち込んだコンクリートを混ぜます。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。