過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 5 問44を出題

問題

[ 設定等 ]
コンクリートの調合に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
普通ポルトランドセメントと高炉セメントB種の水セメント比の最大値は同じである。
   2 .
細骨材率が大きすぎると、流動性の悪いコンクリートとなる。
   3 .
スランプは、荷卸し地点における値を指定する。
   4 .
空気量が多くなると、圧縮強度の低下や乾燥収縮率の増加をもたらす。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 5 問44 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
40
評価しない
正解は1です。

1.普通ポルトランドセメントは65%、高炉セメントB種は60%です。

2.細骨材率が高くなると、単位セメント量や単位水量が大きくなり、細かい砂が多くなるため、コンクリートの流動性が悪くなります。

3.コンクリート打説前に、コンクリートの品質を確認する必要があります。
その際にスランプや空気量などの確認を行います。

4.例文の通りです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない

正解は1です。

普通ポルトランドセメントは65%、高炉セメントB種は60%となり違います。

普通ポルトランドセメントと、高炉セメントB種は使用場所が違うので、

水セメント比の最大値も異なります。

1.正しくは「普通ポルトランドセメントと高炉セメントB種の水セメント比の

  最大値は違う。」となります。

2.設問の通りです。

  コンクリート中の細かい骨材の量が増えると流れにくくなります。 

3.設問の通りです。

  コンクリートを打設する前に、スランプ試験を行い、合格したものを

  使用します。 

4.設問の通りです。

  身が少ないスカスカのものは強くもなく、乾燥も早くなります。 

  空気量もコンクリートを打設する前に試験し、合格したものを使用します。 

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。