過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 5 問47を出題

問題

[ 設定等 ]
鉄骨の加工等に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
部材を加工、組立てする際に、固定したり、拘束したりするためにジグが用いられる。
   2 .
曲げ加工を加熱加工とする場合は、赤熱状態で行ってはならない。
   3 .
高力ボルト接合における摩擦面には、ディスクグラインダー掛けによるへこみなどがないようにする。
   4 .
ひずみの矯正を常温加圧で行う場合は、プレスあるいはローラー等を使用する。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 5 問47 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
41
評価しない
正解は2です。

1.例文の通りです。

2.曲げ加工を加熱加工とする場合は赤熱状態で加工しなくてはなりません。

3.摩擦面にへこみ等があると、規定のすべり係数が確保できないおそれがあります。

4.プレスやローラー等で外力を正確に材料に加える必要があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない

正解は2です。

曲げ加工の加熱加工は、赤熱状態(850~900℃)で行います。

青熱脆性域(200~400℃)で行ってはなりません。 

1.設問の通りです。

  ジグとは固定、拘束の時に使われる補助具です。

2.正しくは「曲げ加工を加熱加工とする場合は、赤熱状態で行う。

  となります。

   

3.設問の通りです。

  へこみがあるとボルトの締りが悪くなります。

4.設問の通りです。

  圧をかけたり、伸ばしたりして矯正します。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。