過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 6 問56を出題

問題

[ 設定等 ]
仕上塗材仕上げに関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
仕上塗材は、現場で顔料及び添加剤を加えて色つやを調整した。
   2 .
コンクリート下地面の厚付け仕上塗材の下地調整は、目違いをサンダー掛けで取り除くことができたので、下地調整塗材塗りを省いた。
   3 .
合成樹脂エマルション系複層仕上塗材( 複層塗材 E )仕上げなので、合成樹脂エマルション系下地調整塗材を使用した。
   4 .
けい酸質系複層仕上塗材( 複層塗材 Si )の上塗りは、2回塗りとし、均一に塗り付けた。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 6 問56 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
40
評価しない
1.✕ 仕上塗材は指定された銘柄、色及びつや等に基づいて製造所により調合、出荷されるので、現場で顔料又は添加剤等を加えて調合してはならない。

2.◯ 厚付けの仕上塗材の場合、目違いはサンダー掛け程度の下地調整で十分である。

3.◯ 仕上塗材は、下塗材、主材又は上塗材の組み合わせにより総合塗膜として品質が規定されているので、それぞれの材料は同一製造所のものを使用しなければならない。

4.◯ 複層仕上塗材の上塗材は、紫外線、風、雨、雪等の外力から主材層を保護し、同時に色、光沢等によりデザイン性を高めるためのものである。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
18
評価しない
1.× 仕上げ塗材は色つやなど細部まで調整されたものが現場に納品されるので、納品されたものをそのまま使用します。
現場で顔料及び添加剤を加えて調合することはありません。

2.〇 コンクリート下地の厚付け仕上げ塗材の場合サンダー掛けで目違いを取り除くことができれば、サンダー掛けのみで十分です。

3.〇 合成樹脂エマルション系複層仕上塗材は外壁に用いられることが多い塗材です。下地調整塗材とセットで使用することで、安定した仕上がりが得られるようになっています。

4.〇 けい酸質系複層仕上塗材も外壁に用いられることが多い塗材です。均一に2回塗りとすることで塗りムラを減らし、仕上げていきます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。