過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 6 問55を出題

問題

[ 設定等 ]
軽量鉄骨壁下地に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
床ランナーは、端部を押さえ、900mm間隔に打込みピンでコンクリート床に固定した。
   2 .
スタッドは、上部ランナーの上端とスタッド天端のすき間が10mm以下となるように取り付けた。
   3 .
ボード1枚張りであったので、スタッドの間隔を450mmとした。
   4 .
出入口開口部の垂直方向の補強材の上部は、梁下、床スラブ下に固定した。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 6 問55 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
36
評価しない
正解は3です。

1.床ランナーの留付けピッチは900㎜以内です。

2.スタッド上部のランナーとの隙間は10㎜以内となっています。

3.1枚張りの場合のスタッドのピッチは300㎜以内です。

4.開口部補強材の上部は直接スラブや梁下に固定しなければいけません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。