過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 8 問82を出題

問題

[ 設定等 ]
シーリング工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
先打ちしたポリサルファイド系シーリング材に、変成シリコーン系シーリング材を打ち継いだ。
   2 .
ALCパネル等の表面強度が小さい被着体には、モジュラスの低いシーリング材を用いた。
   3 .
目地まわりに張ったマスキングテープは、シーリング材のへら仕上げ終了後、直ちに除去した。
   4 .
充填箇所以外の部分に付着したシリコーン系シーリング材は、シーリング材が硬化する前に直ちに除去した。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 8 問82 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
35
評価しない
正解は【4】です。

1.やむを得ず異なるシーリング材を使って打ち継ぎする場合は、先打ちシーリング材と後打ちシーリング材との相性を確認する必要があります。
ポリファルサイド系を先打ちとし、変成シリコーン系を後打ちとする場合は、相性に問題はありません。

2.ALCパネル等の表面強度が小さい被着体には、低モジュラスのアクリル系シーリング材を使用します。

3.目地まわりに張ったマスキングテープは、シーリング材のへら仕上げ終了後、直ちに除去します。

4.充填箇所以外の部分に付着したシーリング材は、硬化する前に直ちに除去します。
ただし、シリコーン系シーリング材は、硬化する前に拭き取りを行うと、汚染が拡大する恐れがあるため、硬化後に除去します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。