過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年)後期 1 問9を出題

問題

[ 設定等 ]
図に示す片持ち梁に等変分布荷重が作用したとき、C点に生じる応力の値として正しいものはどれか。
問題文の画像
   1 .
せん断力は、3kNである。
   2 .
せん断力は、9kNである。
   3 .
曲げモーメントは、4.5kN・mである。
   4 .
曲げモーメントは、13.5kN・mである。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年)後期 1 問9 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
19
評価しない
正解は4です。

・等変分布荷重(w=3kN/m)を集中荷重(W=wl/2)に置き換えると、
W=3kN×3m×1/2
 =4.5kN
4.5kN=C点に生じるせん断力でもあるため、この時点で選択肢1.2.は間違いです。

・置き換えた集中荷重のかかる位置は、等変分布荷重のかかる部材長さ(3m)の1/3、C点から3mの位置です。
よってC点に生じる曲げモーメントは、
3m×4.5kN=13.5kN・mとなります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
12
評価しない
1.✕ 等辺分布荷重(三角形分布荷重)は、集中荷重に置き換え可能です。
集中荷重は三角形の面積を求める考え方と同じですから、力が作用する3mが底辺、力の大きさ3kN/mが高さとして三角形の面積を求めます。
w=3kN×3m×1/2=4.5kN
これはC点に生じるせん断力でもあるので、この設問は間違いです。

2.✕ 設問1の計算より、C点のせん断力は9kNにはなり得ません。

3.✕ 設問1で計算した集中荷重のかかる位置は、三角形の重心位置(力が作用する長さの1/3の位置)です。
よって曲げモーメントは3m×4.5kN=13.5kN/mとなり、この設問は間違いです。

4.〇 設問3の計算より、この選択肢が正解です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。