過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年)後期 1 問10を出題

問題

[ 設定等 ]
図に示す片持ち梁に集中荷重Pが作用したときの曲げモーメント図として、正しいものはどれか。
ただし、曲げモーメントは材の引張側に描くものとする。
問題文の画像
   1 .
回答選択肢の画像
   2 .
回答選択肢の画像
   3 .
回答選択肢の画像
   4 .
回答選択肢の画像
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年)後期 1 問10 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
20
評価しない
正解は1です。

・まず、集中荷重Pが作用したとき、タテ材では(左・右)、ヨコ材では(上・下)どちらが引張られるのかを想像してみましょう。

・集中荷重Pが作用したとき、タテ材に対してPは垂直に作用するので、Pの位置からの距離に比例して曲げモーメントは大きくなります。
ヨコ材に対してPは水平に作用するので、曲げモーメントは一定となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
曲げモーメントとは、物を曲げる力のことです。
Pの位置で片持ち梁を押した時、どこにどんな方向で力がかかるか考えます。
Pで押した時、縦材は下に行けば行く程左側に押し出される力が大きくなります。
ここで選択肢2と3は不正解です。
次に横材です。Pで押された力が縦材下部まで来ると、そこから横材にはまっすぐに力が加わりますので、正解は1となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。