過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年)後期 1 問13を出題

問題

[ 設定等 ]
シーリング材に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
ポリウレタン系シーリング材は、施工時の気温や湿度が高いと発泡のおそれがある。
   2 .
シリコーン系シーリング材は、耐候性、耐久性に優れている。
   3 .
アクリルウレタン系シーリング材は、ガラス回り目地に適している。
   4 .
2成分形シーリング材は、施工直前に基剤、硬化剤などを練り混ぜて使用する。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年)後期 1 問13 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
14
評価しない
正解は3です。
アクリル系シーリング材は、ALCパネル表面と同材の仕上を行うパネル間の目地などに使用します。
また、シリコーン系シーリング材と比べ耐候性に劣り、雨風にさらされると変質してしまうのでガラス回りの目地には適していません。


1.ポリウレタン系1・2成分形シーリング材は、施工時の気温や湿度が高い場合、発泡のおそれがあります。

2. シリコーン系シーリング材は、耐候性、耐熱性・耐寒性と、耐久性に優れています。
また、「1成分形シーリング材」と「2成分形シーリング材」に分けられます。

4.2成分形シーリング材は、施工直前に基剤(主成分)、硬化剤などを調合し、練り混ぜて使用するシーリング材です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない

最も不適当なものは3です。

1.ポリウレタン系シーリング材は、耐久性が高く長期にわたって防水性を維持します。しかし、ポリウレタン系1・2成分形シーリング材は、施工時の気温や湿度が高い場合、発泡のおそれがあります。

2.シリコーン系シーリング材は、耐候性、耐久性、耐熱性に優れており様々な場所で使用されています。しかしデメリットとして、上から塗装できないとう点があげられます。

3.アクリルウレタン系シーリング材は、ウレタン外壁塗装の際に使用することが多い種類です。外壁のひび割れ補修にも使用されていますが、紫外線に弱いため上から塗装をすることは必須となります。耐候性に劣り、雨風にさらされると変質してしまうのでガラス回りの目地には適していません

4.問題文の通りです。2成分形シーリング材は、1成分形と2成分形がありそれぞれ硬化方法が異なり、施工直前に基剤、硬化剤などを練り混ぜて使用します。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。