過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年)後期 5 問47を出題

問題

[ 設定等 ]
次の業務のうち、「労働基準法」上、満17歳の者を就かせてはならない業務はどれか。
   1 .
電気ホイストの運転の業務
   2 .
動力により駆動される土木建築用機械の運転の業務
   3 .
最大積載荷重1.5tの荷物用エレベーターの運転の業務
   4 .
20kgの重量物を断続的に取り扱う業務
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年)後期 5 問47 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
18
評価しない
正解は2です。
「労働基準法」上、満17歳の者を動力駆動巻上機(電気・エアホイストを除く)運搬・索道の運転業務に就かせてはいけません。

1.「労働基準法」上、満17歳の者を動力駆動巻上機運搬・索道の運転業務に就かせてはいけません。
ただし、電気・エアホイスト運転の業務を除きます。

3.「労働基準法」上、満17歳の者を、人荷共・荷物用では2t以上、コンクリート用では高さ15m以上のエレベーターの運転の業務に就かせてはいけません。

4.「労働基準法」上、16歳以上、18歳未満の者を、女性では25㎏、男性では30㎏以上の重量物を断続的に取り扱う業務に就かせてはいけません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない

満17歳の者を就かせてはならない業務は2です。

1.「労働基準法」上、満17歳の者を動力により駆動される巻上機の運搬・索道の運転業務に就かせてはいけません。しかし、電気ホイストの運転の業務は除かれるので、作業可能です。

2.「労働基準法」上、満17歳の者を木建築用機械の運転の業務に就かせてはいけません。

3.「労働基準法」上、最大積載荷重が2t以上の人荷共用エレベーターの運転業務には就かせてはいけません最大積載荷重1.5tの荷物用エレベーターの運転の業務は作業可能です。

4.「労働基準法」上、重量物を断続的に取り扱う業務をする場合、16歳以上18歳未満の者は、女性では25㎏、男性では30㎏以上の重量物を扱う業務には就かせてはいけません。20kgの重量物断続的に取り扱う業務であれば、男女共に就業可能です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。