過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和元年(2019年)前期 3 問28を出題

問題

[ 設定等 ]
仕上塗材仕上げに関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
各工程ごとに用いる下塗材、主材及び上塗材は、同一製造所のものとした。
   2 .
仕上塗材の付着性の確保や目違いの調整のため、下地コンクリート面にセメント系下地調整塗材を使用した。
   3 .
シーリング面への仕上塗材仕上げは、塗重ね適合性を確認し、シーリング材の硬化後に行った。
   4 .
複層仕上塗材の仕上げ形状を凹凸状とするため、主材基層、主材模様及び上塗りをローラー塗り工法とした。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年)前期 3 問28 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
23
評価しない
1.設問の通り。

2.設問の通り。

3.設問の通り。

4.誤りです。
複層仕上塗材にはローラー工法と吹き付け工法があります。凹凸状の仕上げには吹き付け工法、ゆず肌上の仕上げにするにはローラー工法が一般的です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
1.2.3.設問の通りです。

4.凹凸状で仕上げる場合には吹付工法とするのが基本です。
ローラーで塗るとムラが出る可能性があります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。