過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和2年(2020年)後期 3 問19を出題

問題

[ 設定等 ]
地業工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
砂利地業で用いる砕石は、硬質なものとする。
   2 .
砂利地業で用いる砂利は、砂が混じったものよりも粒径の揃ったものとする。
   3 .
捨てコンクリートは、墨出しをしやすくするため、表面を平坦にする。
   4 .
捨てコンクリートは、床付け地盤が堅固で良質な場合、地盤上に直接打ち込むことができる。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和2年(2020年)後期 3 問19 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
13
評価しない

正解は2です。

1.問題文の通りです。砂利事業の砕石は地盤面に敷かれ、建築物などが沈下しないように支えるため硬質なものを使用します。

2.砂利地業で用いる砂利は、砂が混じっていて粒径にばらつきがある方が、良く締め固める事が出来ます。

3.問題文の通りです。捨てコンクリートを流し込み、元々の地盤面を平坦にすることで基準の墨出しがやりやすくなります。

4.問題文の通りです。床付け地盤が堅固で良質な場合、捨てコンクリートを支える事が出来るので、地盤上に直接打ち込むことができます

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
12
評価しない

〇 1.問題文の通り。

✕ 2.粒径にバラツキがあった方が隙間なく、締め固める事が出来る為です。同じ径では、どんなに締め固めても、隙間が発生してしまいます。

〇 3.問題文の通り。

〇 4.地盤が強固であれば捨てコンクリートを支える事が出来るので、直接打込んでも問題ないです。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。