過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和2年(2020年)後期 3 問23を出題

問題

[ 設定等 ]
鉄骨の加工に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
ひずみの矯正を常温加圧で行う場合は、ローラー又はプレスを使用する。
   2 .
溶融亜鉛めっき高力ボルトの孔径は、同じ呼び径の高力ボルトの孔径よりも大きくする。
   3 .
柱の十字形鉄骨に設ける梁主筋の貫通孔は、耐力低下の大きいフランジを避けて、ウェブに設ける。
   4 .
開先の加工は、自動ガス切断、機械加工等により行う。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和2年(2020年)後期 3 問23 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
13
評価しない
〇 1.問題文の通り。
鉄骨は加工するとひずみ(ゆがみ)が生じます。常温矯正の他に、高温の熱を加えて矯正する方法もあります。

✕ 2.溶融亜鉛めっきとは、鉄骨材をめっきに漬込む事によって行う防錆処理した物を言います。
めっき処理した物も、同径になります。

〇 3.問題文の通り。

〇 4.問題文の通り。
開先加工は精度が求められる。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
12
評価しない

正解は2です。

1.問題文の通りです。曲げ加工には常温加工と加熱加工があります

常温加工の場合は、内側曲げ半径に制限があり、加熱加工の場合は、赤熱状態(850℃~900℃)で行います。

2.溶融亜鉛めっき高力ボルト接合は、鉄骨材をブラスト処理またはリン酸処理をした物を高力ボルトで接合する方法の事をいいます。

ボルトの孔径は加工をしてもしなくても同じ大きさになります。

3.問題文の通りです。

梁スリーブは梁の中央を通すので貫通孔はウェブに設けます

4.問題文の通りです。

開先加工の方法には、機械加工法、ガス加工法、プラズマ加工法があります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。