過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和2年(2020年)後期 3 問24を出題

問題

[ 設定等 ]
在来軸組構法における木工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
土台の継手は腰掛けあり継ぎとし、継手付近の下木をアンカーボルトで締め付けた。
   2 .
隅通し柱の仕口は土台へ扇ほぞ差しとし、ホールダウン金物を用いてボルトで締め付けた。
   3 .
建入れ直し完了後、接合金物や火打材を固定し、本筋かいを取り付けた。
   4 .
垂木の継手は母屋の上でそぎ継ぎとし、釘で取り付けた。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和2年(2020年)後期 3 問24 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
7
評価しない
✕ 1.下木ではなく上木に固定します。

〇 2.問題文の通り。

〇 3.建て入れ直しで建物の垂直バランスを修正したら本筋かい等で、そのバランスが崩れないよう固定します。

〇 4.継手は荷重に弱いので、母屋の無い場所で継いではなりません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない

正解は1です。


1.下木ではなく、継手付近の上木をアンカーボルトで締め付けます。

2.ホールダウン金物は、柱に引き抜き力が生じたとき、柱が土台や横架材から抜け出ないよう補強として用いられる金物です。

3.問題文の通りです。建築物の角度や位置の誤差を金物等で調整し、その後本筋かいで固定します。

4.継ぎ手は応力の小さい箇所に設け、垂木など並列する部材の継ぎ手は同一箇所とせず、乱に配置します。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。