過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 令和2年(2020年)後期 3 問28を出題

問題

[ 設定等 ]
セルフレベリング材塗りに関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
セルフレベリング材塗りは、下地となるコンクリートの打込み後、1か月経過したのちに行った。
   2 .
セルフレベリング材の流し込みは、吸水調整材塗布後、直ちに行った。
   3 .
セルフレベリング材の流し込み作業中は、できる限り通風を避けるよう窓や開口部をふさいだ。
   4 .
セルフレべリング材の流し込み後の乾燥養生期間は、外気温が低い冬季であったため、14日間とした。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和2年(2020年)後期 3 問28 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
12
評価しない
〇 1.下地コンクリートは十分乾燥させます。

✕ 2.吸水調整剤塗布後、乾燥させます。

〇 3.レベリング材は、硬化するまで窓や開口部を塞ぎます。

〇 4.養生期間は、一般に7日以上、冬季は気温が下がり硬化しにくいので14日以上確保します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
10
評価しない

正解は2です。

1.コンクリートが完全に乾燥することを考慮して、1ヶ月以上経過してからセルフレベリング材を施工します。

2.セルフレベリング材の流し込みは、吸水調整材塗布後乾燥してから行います。

3.セルフレベリング材が硬化する前に風に当たってしまうと、表層部分のみ動いてしわになってしまうため、流し込み作業中はできる限り通風を避けるようにします。

4.セルフレベリング材の養生期間7日以上、気温が低い冬期などは14日以上とします。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。