過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

国内旅行業務取扱管理者の過去問 平成29年度(2017年) 旅行業法及びこれに基づく命令 問20

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
受託契約に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
第2種旅行業者は、地域限定旅行業者の受託旅行業者となることができる。
   2 .
旅行業者代理業者は、所属旅行業者の承諾がある場合に限り、他の旅行業者との間で自ら受託契約を締結することができる。
   3 .
旅行業者は、他の旅行業者が実施する企画旅行( 参加する旅行者の募集をすることにより実施するものに限る。 )について、受託契約を締結したときは、旅行業者代理業の登録を受けなくとも当該受託契約の相手方を代理して企画旅行契約を締結することができる。
   4 .
旅行業者は、他の旅行業者が実施する企画旅行( 参加する旅行者の募集をすることにより実施するものに限る。 )について、複数の旅行業者と受託契約を締結することができる。
( 国内旅行業務取扱管理者試験 平成29年度(2017年) 旅行業法及びこれに基づく命令 問20 )

この過去問の解説 (3件)

評価する
16
評価しない
正解(誤っているもの)は2です。

旅行業者代理業者は所属旅行業者(1社)と旅行業者代理業業務委託契約を結ばなければいけません。
また、2つ以上の旅行業者と業務委託契約を結ぶことはできません。
ただし、どうしても2社以上と取引する必要があれば、旅行業者代理業ではなく旅行業登録をすることで可能となります。

1と3はそれぞれ正しい内容です。
旅行業者は別で旅行業者代理業の登録を受けることなく他の旅行業者と受託契約を締結することができます。

4も正しい内容です。
上記2の説明で述べた通り、旅行業者については複数の相手に対して受託契約を結べます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
旅行業法第14条の3により、旅行業者代理業者は所属旅行業者以外の旅行業者のために旅行業務を取り扱ってはならないと定められているので、誤っているのは2です。
1、3、4の受託旅行業に関する記述は、いずれも正しいです。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
1.3.4.受託契約について記述の通りで、正しいです。

2.業法第14条の3に、「旅行業者代理業者は、前条第二項の規定により代理して企画旅行契約を締結する場合を除き、その所属旅行業者以外の旅行業者のために旅行業務を取り扱つてはならない。」とあるため、誤りです。

以上より、2が正解(誤っているもの)です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この国内旅行業務取扱管理者 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。