過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

公立学校教員「平成30年度(H31年度採用)」の過去問を出題

問題

日本国憲法に関する記述として、憲法及び判例に照らして最も適切なものは、次の1~5のうちではどれか。
   1 .
子供の教育は、専ら子供の利益のために行われるべきものであり、何が子供の利益であり、また、そのために何が必要であるかについては、学校において現実に子供の教育の任に当たる教師が、公権力による支配、介入を受けないで自由に教育内容を決定することができる。
   2 .
普通教育の場においては、児童・生徒の側の授業の内容を批判する能力や、学校、教師を選択する余地などを鑑みて、教育内容が中立・公正で、地域、学校のいかんにかかわらず全国的に一定の水準であることは、高等学校には要請されない。
   3 .
国は積極的に教育に関する諸施設を設けて国民の利用に供する責務を負うとともに、国民各自は、一個の人間として、また、一市民として、成長、発達し、自己の人格を完成、実現するために必要な学習をする固有の権利を有する。
   4 .
教科用図書は、普通教育の場において使用される児童・生徒用の図書であるとともに、学術研究の結果の発表を目的とするものであり、そこに記述された研究結果を執筆者が正当と判断したものであれば、国が当該教科用図書の発行に制限をかけることはできない。
   5 .
学問の自由は、学問的研究の自由とその研究成果の発表の自由を言うものであって、大学が学術の中心として深く真理を探究することを本質とすることに鑑みて、この自由の保障は大学の教授や研究者を対象としたもので、全ての国民の学問の自由を保障する趣旨ではない。
( 公立学校教員採用選考試験(教職教養) 平成30年度(H31年度採用) 共通問題 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
1
評価しない
正答は3です。

1:教師は公権力による支配、介入を受けないで自由に教育内容を決定することはできないため、1は誤りです。
教育内容の決定には、学習指導要領が大きく関わっていますし、一教師の裁量で自由に決められるものではありません。

2:小中高すべての学習指導要領前文には、「学習指導要領が果たす役割の一つは、公の性質を有する学校における教育水準を全国的に確保すること」と記載されています。
全国的に一定の教育水準を保つことは、高等学校にも求められているため、2は誤りです。

3:旭川学力テスト事件の判例において、そのように述べられているため、3は正解です。

4:学校教育法第34条には、「文部科学大臣の検定を経た教科用図書又は文部科学省が著作の名義を有する教科用図書を使用しなければならない」と記載されています。
国は、教科用図書の発行に制限をかけることができるため、4は誤りです。

5:憲法23条に規定されている「学問の自由」は、広くすべての国民に対してその自由を保障します。
大学の教授や研究者のみを対象としたものではないため、5は誤りです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
-2
評価しない
正答は3です。

1 . 教育内容は文部科学省が定期的に改定する「学習指導要領」に準じているため、教師が公権力による支配、介入を受けないで自由に教育内容を決定することはできません。
一般的には各学級によって学習内容や指導方法に差が出ることを避けるため、学年の教師間で教育内容や具体的な指導方法を揃えることも多いことから、誤りです。

2 .教育基本法 の第三章 教育行政(教育行政)第十六条「2 国は、全国的な教育の機会均等と教育水準の維持向上を図るため、教育に関する施策を総合的に策定し、実施しなければならない。」と書かれています。
また、小・中学校および高等学校の各学習指導要領の前文に「学習指導要領が果たす役割の一つは、公の性質を有する学校における教育水準を全国的に確保すること」と明記されているため、誤りです。

3 . 「国は積極的に教育に関する諸施設を設けて国民の利用に供する責務を負う」については、教育基本法の第二章 教育の実施に関する基本(社会教育)「第十二条 2 国及び地方公共団体は、図書館、博物館、公民館その他の社会教育施設の設置、学校の施設の利用、学習の機会及び情報の提供その他の適当な方法によって社会教育の振興に努めなければならない。」と明記されています。
「国民各自は、一個の人間として、また、一市民として、成長、発達し、自己の人格を完成、実現するために必要な学習をする固有の権利を有する。」は
同法の第一章 教育の目的及び理念(教育の機会均等)「第四条 すべて国民は、ひとしく、その能力に応じた教育を受ける機会を与えられなければならず、人種、信条、性別、社会的身分、経済的地位又は門地によって、教育上差別されない。」に該当するため、正答です。

4 . 義務教育の教科用図書の内容については、学校教育法第34条「文部科学大臣の検定を経た教科用図書又は文部科学省が著作の名義を有する教科用図書を使用しなければならない」と明記されています。
文部科学省が定める教科用図書を使用する必要があるため、誤りです。

5 . 日本国憲法第二三条【学問の自由】とは、大学の教授や研究者に限らずすべての国民を対象としているため、誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この公立学校教員 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。