過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

公立学校教員の過去問を「全問」ランダムに出題

問題

1周目(0 / 36問 正解) 全問正解まであと36問
東京都教育委員会で開発した学校設定教科である「人間と社会」に関する記述として適切なものは、次のうちのどれか。
 1 . 
教科「人間と社会」の教科書は、主たる教材は特に定めることなく、各学校の体験活動の内容や生徒の実態に応じて各学校で作成し、東京都教育委員会に届け出た上で使用する。
 2 . 
教科「人間と社会」は、学習指導要領にない教科であるため、その単位は卒業に必要な単位数に含めることはできない。
 3 . 
必履修教科として設置されたことから、平成28年度以降に都立高等学校に入学した全ての生徒は、教科「人間と社会」を必ず履修しなければならない。
 4 . 
教科「人間と社会」は、「演習」による学習に19単位時間、事前及び事後の学習を含めた「体験活動」による学習に16単位時間を配当しなければならない。
 5 . 
教科「人間と社会」の評価については、文章記述による評価ではなく、数値による5段階の評定を行わなければならない。
( 公立学校教員採用選考試験(教職教養) 平成28年度(H29年度採用) 高等学校に関する問題 )

この過去問の解説(1件)

評価する
0
評価しない
1:誤り
教科「人間と社会」の教科書は、主たる教材を「定めています」。
各章ごとにテーマが与えられていて、「①導入・単元の基本的内容に関する学習」「②形成された判断基準を高める学習」「③人生の諸場面を想定し、選択・行動する力を育成する学習・まとめ」という段階を踏むことで人間としての在り方生き方を学んでいきます。

2:誤り
教科「人間と社会」は、学習指導要領に教科としては位置づけられていませんが、「奉仕」の時間と同様に、その単位は卒業に必要な単位数に含めることとしています。

3:正しい
東京都は平成28年度から「人間と社会」の時間を全面実施し、必履修教科として設置しました。よって、平成28年度以降に都立高等学校に入学した全ての生徒は、教科「人間と社会」を必ず履修しなければなりません。

4:誤り
教科「人間と社会」は、「演習」による学習には「19単位時間」ではなく「16単位時間」、事前及び事後の学習を含めた「体験活動」による学習を「16単位時間」ではなく「19単位時間」としています。

5:誤り
教科「人間と社会」の評価については、「数値による5段階の評定ではなく」、「文章記述による評価」を行わなければならないとしています。
評価後のアイコン
2019/05/11 12:59
ID : bpngrxmcwj
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この公立学校教員 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。