過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

危険物取扱者試験 乙4の過去問/予想問題「第23664問」を出題

問題

[ 設定等 ]
法令上、製造所等の所有者等に対し、市町村長等から許可の取消しを命じられる事由について、次のA~Eのうち、正しいものの組み合わせを選べ

A 定期点検の未実施

B 危険物の取扱いや貯蔵の基準適合命令違反

C 危険物保安監督者を定めなければならない製造所等での危険物保安監督者の未選任

D 危険物保安統括管理者を定めなければならない製造所等での危険物保安統括管理者の未選任

E 位置、構造および設備の基準適合命令違反
   1 .
AとC
   2 .
BとE
   3 .
DとE
   4 .
AとE
   5 .
CとD
( 危険物 乙4の過去問/予想問題 問75 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
80
評価しない
4が正しいです。
許可の取り消し
●許可をうけないで変更したとき。
●完成検査済証の交付前に、製造所等を使用したとき。
●位置・構造・設備にかかる措置命令に違反したとき
●保安検査を受けないとき
●定期点検の実施、記録、保存されていなとき。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
20
評価しない
正解は4番です。

A:許可の取り消し又は使用停止命令
消防法の第十二条の二の五に記載されており、許可の取り消し又は使用停止命令を命ぜられます。

B:使用停止命令
消防法の第十二条の二○2一に記載されており、期間を定めてその使用の停止を命ぜられます。

C:使用停止命令
消防法の第十二条の二○2三に記載されており、期間を定めてその使用の停止を命ぜられます。

D:使用停止命令
消防法の第十二条の二○2二に記載されており、期間を定めてその使用の停止を命ぜられます。

E:許可の取り消し又は使用停止命令
消防法の第十二条の二の三に記載されており、許可の取り消し又は使用停止命令を命ぜられます。
評価後のアイコン
評価する
16
評価しない
文章の通りです。
B,C,Dは使用停止命令が命じられる事由です
評価後のアイコン
評価する
14
評価しない
A~Eについて「許可の取り消しと使用停止命令」の項を参照すると、許可の取り消しはAとEであることがわかります。


(無許可貯蔵に対する措置命令)
指定数量以上の危険物について、仮貯蔵・仮取扱いの承認または製造所等の許可を受けないで貯蔵または取り扱っている場合:
 市町村長は、この危険物を取扱っている者に対し、危険物の除去、災害防止のための必要な措置について命じることができる。

(許可の取り消しと使用停止命令)
製造所等の所有者等は、市町村長等から罰則を受けることがあります。

(使用停止命令)
(1) 市町村長から期間を定めて施設の使用停止命令を受けることがある。
  ・危険物の貯蔵、取扱い基準の順守命令に違反したとき。ただし、移動タンク貯蔵所については、市町村長の管轄区域において、その命令に違反したとき。
  ・危険物保安統括管理者を定めないとき、またはその者に危険物の保安に関する業務を統括管理させていないとき
  ・危険物保安監督者を定めないとき、またはその者に危険物の取扱作業に関して保安の監督をさせてないとき
  ・危険物保安統括管理者、または危険物保安監督者の解任命令に違反したとき
(2) 使用停止命令は、法令違反を前提としているが、緊急事態が発生した場合は一時使用停止または使用制限命令がされるときがある。

(立入検査等)
消防法第十三条の十六  
総務大臣は、危険物取扱者試験事務の適正な実施を確保するため必要があると認めるときは、指定試験機関に対し、危険物取扱者試験事務の状況に関し必要な報告を求め、またはその職員に、指定試験機関の事務所に立ち入り、危険物取扱者試験事務の状況もしくは設備、帳簿、書類その他の物件を検査させることができる。
2  委任都道府県知事は、その行わせることとした危険物取扱者試験事務の適正な実施を確保するため必要があると認めるときは、指定試験機関に対し、当該危険物取扱者試験事務の状況に関し必要な報告を求め、またはその職員に、当該危険物取扱者試験事務を取り扱う指定試験機関の事務所に立ち入り、当該危険物取扱者試験事務の状況もしくは設備、帳簿、書類その他の物件を検査させることができる。

消防法第十六条の五  
市町村長等は、危険物の貯蔵または取扱いに伴う火災の防止のため必要があると認めるときは、指定数量以上の危険物を貯蔵し、もしくは取り扱つていると認められるすべての場所(以下この項において「貯蔵所等」という。)の所有者、管理者もしくは占有者に対して資料の提出を命じ、もしくは報告を求め、または当該消防事務に従事する職員に、貯蔵所等に立ち入り、これらの場所の位置、構造もしくは設備および危険物の貯蔵もしくは取扱いについて検査させ、関係のある者に質問させ、もしくは試験のため必要な最少限度の数量に限り危険物もしくは危険物であることの疑いのある物を収去させることができる。
2  消防吏員または警察官は、危険物の移送に伴う火災の防止のため特に必要があると認める場合には、走行中の移動タンク貯蔵所を停止させ、当該移動タンク貯蔵所に乗車している危険物取扱者に対し、危険物取扱者免状の提示を求めることができる。この場合において、消防吏員および警察官がその職務を行なうに際しては、互いに密接な連絡をとるものとする。
解説の画像
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
この危険物取扱者試験 乙4 過去問 | 予想問題のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。