過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

危険物取扱者試験 乙4の過去問/予想問題「第23672問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の気体で密度の最も大きいのはどれか。
原子量は、H=1、C=12、O=16とする。
   1 .
酸素
   2 .
メタン
   3 .
アセチレン
   4 .
二酸化炭素
   5 .
水素
( 危険物 乙4の過去問/予想問題 問83 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
71
評価しない
酸素分子O2の分子量は32、メタンCH4は16、アセチレンC2H2は26、二酸化炭素CO2は44、水素H2は2です。
1mol(22.4L)の重さは、それぞれ32g、16g、26g、44g、2gとなるので密度の一番大きい気体は二酸化炭素になります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
33
評価しない
4が正しいです。
●酸素O2=16×2=32g
●メタンCH4=12+1×4=16g
●アセチレンC2H2=12×2+1×2=26g
●二酸化炭素CO2=12+16×2=44g
●水素H2=1×2=2g
評価後のアイコン
評価する
14
評価しない
正解は4番です。

気体の密度は同じ条件であれば分子一つの分子量(重さ)に比例するため、
それぞれの気体の分子量を計算すれば密度を比較することができます。
これは、すべての気体は同じ体積の中に同じ量の分子が含まれているからです。

1番:分子量32
酸素の分子式O2であり、分子量は16×2=32となります。
2番:分子量16
メタンの分子式はCH4であり、分子量は12×1+1×4=16となります。
3番:分子量26
アセチレンの分子式はC2H2であり、分子量は12×2+1×2=26となります。
4番:分子量44
二酸化炭素の分子式はCO2であり、分子量は12×1+16×2=44となります。
5番:分子量2
水素の分子式はH2であり、分子量は1×2=2となります。

よって最も分子量が大きいのは二酸化炭素であるため、密度も二酸化炭素が最も大きいことがわかります。
評価後のアイコン
評価する
12
評価しない
それぞれの物質を化学式で表すと酸素はO2、メタンはCH4、アセチレンはC2H2、二酸化炭素はCO2、水素はH2。
計算すると44の二酸化炭素が最も大きいです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
この危険物取扱者試験 乙4 過去問 | 予想問題のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。