過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

危険物取扱者試験 乙4の過去問/予想問題「第23689問」を出題

問題

[ 設定等 ]
比重 0.902、沸点 77℃、引火点 -4℃、発火点427℃、燃焼範囲2.18~11.5 (体積%)、蒸気比重 3.04の引火性液体がある。この液体について正しい記述を選べ。
   1 .
火を近づけても、427℃になるまでは発火しない。
   2 .
飽和蒸気圧が1気圧になるのは、77℃のときである。
   3 .
この液体2リットルの重さは、180.4gである。
   4 .
100リットルの体積中、空気97.82リットル、液体の蒸気2.18リットルの混合気体を生じるときの温度は-4℃である。
   5 .
発生する蒸気は、0℃1気圧で水蒸気の約3倍の質量である。
( 危険物 乙4の過去問/予想問題 問99 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
35
評価しない
1は、発火点が427℃ですから、427℃になるまでは発火しません。427℃になると自然発火します。ただし、火を近づけると、引火点が-4℃なので発火します。

2は、揮発性化合物は沸点以下でも蒸発します。沸点以下の蒸気圧が1気圧だからです。沸点では、蒸気圧は1気圧になります。

3は、0.902×2000=1804gより、1804gの間違いです。

5は、水蒸気ではなく空気の約3倍

① 密度
物質の密度は、単位体積当たりの質量です。1気圧、4℃の水の密度は1g/mLです。
したがって、密度が1より小さい物質は水に浮き、1より大きいと沈みます。

(密度)=(物質の質量(g))÷(物質の体積(mL))

② 空気について
空気は、窒素78%、酸素21%が主成分です。

窒素80%、酸素20%として近似すると、空気の平均分子量は、(14×2×0.8)+(16×2×0.2)=28.8 → 29 となります。

③ 比重
1気圧、4℃の水の密度は1g/mLです。比重は、物質の密度と1気圧4℃の水の密度との比のことを言います。
蒸気比重とは、0℃1気圧の空気1リットルの質量と同条件での物質の上記の質量比のことです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
30
評価しない
正解は2番です。

1番:誤り
発火点は火気がなくても自然発火する温度です。
火を近づけて発火する温度は引火点であるため、
-4℃以下でなければ火を近づけると発火します。

2番:正しい
沸点とは飽和蒸気圧が1気圧になる温度のことで、記述の通りです。

3番:誤り
比重は比重の数字にg/mLをつけて重さを計算することができます。
よって、この液体2Lの重さは
2000mL×0.902g/mL=1804g
となり、誤りの記述となります。

4番:誤り
燃焼範囲と引火点の温度は無関係であり、燃焼範囲内の混合気体であっても
その温度はー4℃とは限らないため、誤りの記述となります。

5番:誤り
蒸気比重は分子量が約28.8の空気を1としたときの密度の比であり、
水の分子量は18なので、この引火性液体の蒸気の質量水蒸気の質量の
3.04×28.8÷18=4.864倍となり、誤りの記述となります。
評価後のアイコン
評価する
13
評価しない
2が正しいです。
水を加熱すると蒸発しますが、蒸気によってできた圧力(飽和蒸気圧)つまり大気圧と等しくなる時、液体表面および内部から気化が起こります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
この危険物取扱者試験 乙4 過去問 | 予想問題のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。