過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

危険物取扱者試験 乙4の過去問/予想問題「第23779問」を出題

問題

[ 設定等 ]
第四類危険物の性状として誤っているものはどれか。
   1 .
摩擦、衝撃などにより、発火や爆発の危険性はない。
   2 .
非水溶性の物が多い。
   3 .
液比重は1よりも大きい。
   4 .
自然発火する危険性はない。
   5 .
蒸気比重は1より大きい。
( 危険物 乙4の過去問/予想問題 問188 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
37
評価しない
正解は3番です。

1番:正しい
ニトロベンゼンを除き、摩擦や衝撃などにより発火や爆発を起こすものはほとんどありません。しかし、酸化性物質と接触させると発火や爆発の危険性があります。

2番:正しい
アルコール類やアセトン、アルデヒドなどを除き、ほとんどの第4類危険物が水に溶けないものが多いです。

3番:誤り
二硫化炭素や、クロロベンゼン、酢酸などの一部を除いては、ほとんどのものが液比重が1より小さいもののほうが多いです。

4番:正しい
第4類の危険物の発火点で最も低いものは二硫化炭素の90℃であり、特殊な場合を除いては常温で自然発火する危険はありません。

5番:正しい
第4類の危険物はすべて蒸気比重が1以上のものです。なぜなら、蒸気比重は危険物の分子量にほぼ比例するため、第4類の中で最も分子量が小さいメタノールでも分子量は32であり、空気の平均分子量の約29よりも大きくなるからです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
20
評価しない
二硫化炭素、グリセリンの液比重は1より大きいですが、それ以外のものは1より小さいです。液比重が1より小さいものの方が圧倒的に多いです。
評価後のアイコン
評価する
10
評価しない
正解は 3 です。

第四類危険物の多くは液比重が1より小さいです。

1:正しい
第四類危険物は摩擦や衝撃などによって、発火や爆発する危険性はほとんどありません。

2:正しい
第四類危険物は非水溶性の物が多いです。

3:誤り
グリセリン、二硫化炭素などの一部を除いて、第四類危険物の多くは液比重が1より小さいです。

4:正しい
第四類危険物は、自然発火する危険性はほとんどありません。

5:正しい
第四類危険物の蒸気比重(気体の体積当たりの重さ)は、1より大きいです。
評価後のアイコン
評価する
10
評価しない
第四類危険物の多くは液比重が1より小さい(水より軽い)です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
この危険物取扱者試験 乙4 過去問 | 予想問題のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。