過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

危険物取扱者試験 乙4の過去問/予想問題「第23780問」を出題

問題

[ 設定等 ]
第4類の危険物に対する消火の方法について誤っているものはどれか
   1 .
粉末消火剤は、燃焼抑制作用による消火ができる。
   2 .
泡消火剤は、窒息作用による消火が期待できる。
   3 .
水による冷却作用での消火が最適である。
   4 .
二酸化炭素は、窒息作用による消火が期待できる。
   5 .
耐アルコール泡消火剤は、水溶性危険物の消火に適している。
( 危険物 乙4の過去問/予想問題 問189 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
30
評価しない
第四類危険物に対しては、一般的に水による消火は行いません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
正解は 3 です。

第4類危険物の消火方法として、水による消火は行いません。第4類危険物は水より軽いものが多いために、水をかけると火面が広がり危険なためです。

1:正しい
第4類危険物の消火方法として、粉末消火剤は燃焼抑制作用による消火ができます。

2:正しい
第4類危険物の消火方法として、泡消火剤は窒息作用による消火が期待できます。アルコールなどの水溶性液体は泡を溶かしますので、耐アルコール性の泡消火剤を使用します。

3:誤り
第4類危険物の消火方法として、水の冷却作用を利用した消火は行いません。第4類危険物は水より軽いものが多いために、水をかけると火面が広がり危険なためです。

4:正しい
第4類危険物の消火方法として、二酸化炭素は窒息作用による消火が期待できます。

5:正しい
第4類危険物の消火方法として、耐アルコール泡消火剤は水溶性危険物の消火に適しています。
評価後のアイコン
評価する
8
評価しない
第四類危険物の多くは液比重が1より小さい(水より軽い)です。

液比重が1より小さい液体の火災に注水すると、火災の範囲を広げてしまいます。

水による消火は適しません。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
正解は3番です。

1番:正しい
炭酸水素ナトリウム粉末や、りん酸アンモニウムなどの粉末消火剤は、窒息消火作用とともに、燃焼の継続を断つ燃焼抑制作用があります。窒息作用や抑制作用を利用した消火法は、第4類の危険物には有効な消火方法です。

2番:正しい
泡消火剤は、燃焼に必要な酸素を泡で遮断する層を作ることで窒息作用を利用して消火します。窒息作用による消火は第4類の危険物には有効な消火方法です。ただし、アルコールなどの水溶性液体は、泡を溶かしてしまうため、耐アルコール性泡消火剤を使用する必要があります。

3番:誤り
第4類危険物は水より軽いものが多く、水を用いた消火をすると水の上に広がったり、危険物が水蒸気爆発によって飛び散ってしまうため火災範囲を広げてしまいます。そのため、第4類危険物の消火には、水による冷却作用を利用した消火方法はとられません。ただし、強化液であれば噴霧にすることで抑制作用を利用して油火災に使用することができます。

4番:正しい
二酸化炭素は窒息効果があり、第4類の危険物には有効な消火方法です。

5番:正しい
対アルコール泡消火剤は、水溶性の危険物でも泡が溶けて消失しないように作られているため、窒息効果を利用した消火が期待できます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
この危険物取扱者試験 乙4 過去問 | 予想問題のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。