過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

危険物取扱者試験 乙4の過去問/予想問題「第30768問」を出題

問題

[ 設定等 ]
屋外タンク貯蔵所について誤っているものはどれか。
   1 .
1000kL以上の液体危険物タンクを特定屋外タンク貯蔵所という。
   2 .
500kL以上1000kL未満の液体危険物タンクを準特定屋外タンク貯蔵所という。
   3 .
防油堤は、屋外貯蔵タンクの直径が15m未満の場合、タンクの側板からタンクの高さの二分の一以上の距離を保たないといけない。ただし、引火点が200度以上の危険物を貯蔵し、または取扱う屋外貯蔵タンクにあってはこの限りでない。
   4 .
高さが1メートルを超える防油堤等には、おおむね30メートルごとに堤内に出入りするための階段を設置し、または土砂の盛上げ等を行うこと。
   5 .
敷地内距離とは、屋外タンク貯蔵所の敷地境界線から危険物を貯蔵・取扱う屋外タンクの側板までの間の距離である。
( 危険物 乙4の過去問/予想問題 問217 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
44
評価しない
屋外貯蔵タンクの直径が15m未満の場合、タンク側板から防油堤までの距離はタンクの高さの1/3以上の距離と定められています。したがって、3番に記載されている1/2以上というのは誤りで、3番が正解です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
24
評価しない
正解は 3 です。

1:正しい
1000kL以上の液体危険物タンクは、特定屋外タンク貯蔵所です。

2:正しい
500kL以上1000kL未満の液体危険物タンクは、準特定屋外タンク貯蔵所です。

3:誤り
防油堤に関して、屋外貯蔵タンクの直径が15m未満の場合、高さの三分の一以上の距離が必要です。「タンクの高さの二分の一以上」は誤りであり、「タンクの高さの三分の一以上」が正しいです。
防油堤は、屋外貯蔵タンクの直径が15m未満の場合、タンクの側板からタンクの高さの三分の一以上の距離を保つ必要があります。ただし、引火点が200度以上の危険物を貯蔵し、または取扱う屋外貯蔵タンクにあってはこの限りでありません。

4:正しい
高さが1メートルを超える防油堤等には、おおむね30メートルごとに堤内に出入りするための階段を設置し、または土砂の盛上げ等を行なう必要があります。

5:正しい
敷地内距離とは、屋外タンク貯蔵所の敷地境界線から危険物を貯蔵・取扱う屋外タンクの側板までの間の距離です。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
危険物の規制に関する規則(総務省令)第二十二条2号八項により、タンクの高さの二分の一の距離ではなく、タンクの高さの三分の一です。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
3.が誤りです。
屋外貯蔵タンクの直径が15m未満の場合、高さの3分の一以上の距離が必要です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
この危険物取扱者試験 乙4 過去問 | 予想問題のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。