過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

危険物取扱者試験 乙4の過去問/予想問題「第30776問」を出題

問題

[ 設定等 ]
移送取扱所について誤っているものはどれか。
   1 .
震災時のための避難空地、鉄道・道路の隧道(ずいどう)内、高速道路、河川区域および水路敷、利水上の水源である湖沼、貯水池など、保安上設置できない場所が決められている。
   2 .
保有空地の幅の距離は配管内の流速によって決まる。
   3 .
配管の有害な伸縮が生じるおそれのある箇所には、有害な伸縮を吸収する措置を講じなければならない。
   4 .
配管を設置するために設ける隧道(人が立ち入る可能性のあるものに限る。)には、可燃性の蒸気が滞留しないよう必要な措置を講じなければならない。
   5 .
配管等の接合は、溶接によって行わなければならない。配管等の溶接は、アーク溶接その他の告示で定める溶接方法によって行わなければならない。ただし、溶接によることが適当でない場合は、安全上必要な強度を有するフランジ接合をもって代えることができる。
( 危険物 乙4の過去問/予想問題 問225 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
34
評価しない
保有空地の幅の距離は配管内の圧力によって決まります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
24
評価しない
正解は 2 です。

1:正しい
震災時のための避難空地、鉄道・道路の隧道(ずいどう)内、高速道路、河川区域および水路敷、利水上の水源である湖沼、貯水池など、保安上設置できない場所が決められています。

2:誤り
移送取扱所について、保有空地の幅の距離は配管内の圧力によって決まります。
「配管内の流速によって決まる」は誤りです。
保有空地の幅の距離は配管内の圧力によって決まります。

3:正しい
配管の有害な伸縮が生じるおそれのある箇所には、有害な伸縮を吸収する措置を講じなければならないです。

4:正しい
配管を設置するために設ける隧道(人が立ち入る可能性のあるもの)には、可燃性の蒸気が滞留しないよう必要な措置を講じなければならないです。

5:正しい
配管等の接合は、溶接によって行わなければならないです。配管等の溶接は、アーク溶接その他の告示で定める溶接方法によって行わなければならないです。ただし、溶接によることが適当でない場合は、安全上必要な強度を有するフランジ接合をもって代えることができます。
評価後のアイコン
評価する
11
評価しない
移送取扱所の保有空地は配管内圧力により定められています。
尚、移送取扱所は地上にあるもののみ保有空地が必要です。
評価後のアイコン
評価する
9
評価しない
移送取扱所の保有空地は配管にかかる圧力に応じて配管の両側に設けることが定められています。
2番で記載されている「配管内の流速によって決まる」というのは誤りです。
したがって、正解は2番です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
この危険物取扱者試験 乙4 過去問 | 予想問題のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。