過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

危険物取扱者試験 乙4の過去問/予想問題「第30789問」を出題

問題

[ 設定等 ]
消火設備について誤っているものはどれか。
   1 .
所要単位は、製造所等に必要な消火能力設備を定める単位である。
   2 .
能力単位は、所要単位に対応する消火設備の消火能力の基準の単位をいう。
   3 .
製造所または取扱所の建築物は、外壁が耐火構造のものにあっては延べ面積100平方メートル、外壁が耐火構造でないものにあっては延べ面積50平方メートルを1所要単位とすること。
   4 .
貯蔵所の建築物は、外壁が耐火構造であるものにあっては延べ面積100平方メートル、外壁が耐火構造でないものにあっては延べ面積50平方メートルを1所要単位とすること。
   5 .
危険物は、指定数量の10倍を1所要単位とすること。
( 危険物 乙4の過去問/予想問題 問238 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
45
評価しない
貯蔵所の1所要単位あたりの数値は耐火構造で150㎡、耐火構造以外で75㎡となっています。
したがって、4番の「耐火構造100㎡、耐火構造以外50㎡」というのは誤りなので4番が正解です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
20
評価しない
正解は 4 です。

1:正しい
所要単位は、製造所等に必要な消火能力設備を定める単位です。

2:正しい
能力単位は、所要単位に対応する消火設備の消火能力の基準の単位のことです。

3:正しい
製造所または取扱所の建築物は、外壁が耐火構造のものにあっては延べ面積100平方メートル、外壁が耐火構造でないものにあっては延べ面積50平方メートルが1所要単位になります。

4:誤り
貯蔵所の建築物は、外壁が耐火構造であるものにあっては延べ面積150平方メートル、外壁が耐火構造でないものにあっては延べ面積75平方メートルが1所要単位になります。
「耐火構造であるものにあっては延べ面積100平方メートル」および「外壁が耐火構造でないものにあっては延べ面積50平方メートル」は誤りです。

5:正しい
危険物は、指定数量の10倍を1所要単位とします。
評価後のアイコン
評価する
11
評価しない
貯蔵所の建築物は、外壁が耐火構造であるものにあっては延べ面積150平方メートル、外壁が耐火構造でないものにあっては延べ面積75平方メートルを1所要単位です。
評価後のアイコン
評価する
8
評価しない
4が誤りです。
貯蔵所は、外壁が耐火構造の場合150平米、耐火構造でない場合75平米が1所要単位となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
この危険物取扱者試験 乙4 過去問 | 予想問題のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。